デイトレードと短期取引の違い

人気投資のFXバイナリー研究所

デイトレードと短期取引の違い

FXのデイトレード

FXのデイトレード

デイトレードはFXの取引スタイルの1つであり、デイという名称がある通りに取引する期間を1日に限定して終わらせるものとなっています。これが何日もかけて取引をしていくものとなるとスイングトレードという取引スタイルになるのです。

デイトレードは1日で取引を終わらせるためポジションを次の日に持ち越すことはありません。実際にFXにおいて日を跨ぐというのは様々な意味があり、次の日に市場が再開していると前の日で終わったレートよりも離れたところで始まることが多いです。これは窓と呼ばれるものであり、自分の予想の方向で離れればよいのですが、反対の方向に離れるとポジションによっては危険な状態になることもあります。

そうでなくても外国為替市場は国内での深夜は海外勢が活発になる時間帯であり、自分が寝ている間に大きく動いて大損失になる危険性が存在するのです。デイトレードで終わる前に処理をしておけば、そうした危険な目に遭う可能性がなくなるということになります。

しかしその代わりに日を跨ぐとスワップポイントが発生するため、そのスワップポイントの利益を得ることはできません。最もスワップポイントの利益は微々たるものであり、マイナスになる可能性もあるためデイトレードで取引するのであれば気にするものではありませんが

バイナリーオプションの短期取引

一方でバイナリーオプションの短期取引はその名の通りに短期間での取引をすることであり、デイトレードが1日での取引であれば、バイナリーオプションはどちらかというと決まった時間を集中して取引することになります。一般の取引ルールだと数時間をかけての取引となるのですが海外のバイナリーオプションでは30秒や60秒というかなり早い時間で取引が終わるルールがあり、短期取引はこれらのルールを利用して短い時間に取引を重ねることになります。

時間帯にもよりますが短時間であるため相場が大きく動くことはあまりありません。しかしバイナリーオプションは相場の動きによって利益が左右されないためそこは問題がないことなっています。一方で短時間に集中して取引をするため、相場の動きの判断をするのがポイントになります

FXのデイトレード、バイナリーオプションの短期取引、短い時間で取引をするという点は似ていますがその違い自体は全く違うとされるものとなっています。どちらも取引スタイルとして取引しているトレーダーは存在するため、デイトレードの体験者情報、短期取引の体験者情報を見て参考にしてみるといいでしょう。